夫の趣味教育

熱帯魚について彼が一席弁ずるときの調子は、平和主義者が再軍備を論ずるときなどとはちがって、ずっと生き生きと、幸福らしく、そして具体的なのですc趣味のない夫婦、それはまことに寂しいものです。家庭で、いっしょにたのしめる趣味をもってください。 切手の蒐集でも、古茶碗の買い集めでも、なんでも結織です。音楽の鑑賞なら、なおさら上品です。けれども、ほんとうに生活の中へにじみこんでくる趣味、そして趣味の共通さを通して夫を教育できるような趣味Iそれはただ見たりきいたりしてたのしむ受動的な趣味ではなくして、自分でやってみる煙味であることが必要なのです。なお、ついでに一言いっておきましょう。趣味は金のかかるもの、あるいは金をかけるものであって、金をもうけるものではないのです。欲得がからんだ趣味lたとえばパチンコのごときは趣味ではないのです。僅かな家計の中から、趣味のために、毎日少しずつ金を投じて行く、だからこそ、その趣味は、当人にとって貴重なものになるのです。一銭も使わないで、夫の趣味教育をしようなどとかりそめにも考えるのは、まことに悪い趣味です。ところが、この世の細君たちはしばしば、一銭もかけないで、つまり彼女の弁舌ひとつで、夫の趣味を指導しようなどというフテイな望みを抱くもののようです。「そんな下品な趣味はおやめになって、もう少しお金のかからない上品な趣味をお持ちになったら!」などと、こざかしげに奥様が忠告したって、ご主人がきく道理はないのです。趣味などが合うパートナー探しなら探しましょう。


参考: