夫の趣味教育

熱帯魚について彼が一席弁ずるときの調子は、平和主義者が再軍備を論ずるときなどとはちがって、ずっと生き生きと、幸福らしく、そして具体的なのですc趣味のない夫婦、それはまことに寂しいものです。家庭で、いっしょにたのしめる趣味をもってください。 切手の蒐集でも、古茶碗の買い集めでも、なんでも結織です。音楽の鑑賞なら、なおさら上品です。けれども、ほんとうに生活の中へにじみこんでくる趣味、そして趣味の共通さを通して夫を教育できるような趣味Iそれはただ見たりきいたりしてたのしむ受動的な趣味ではなくして、自分でやってみる煙味であることが必要なのです。なお、ついでに一言いっておきましょう。趣味は金のかかるもの、あるいは金をかけるものであって、金をもうけるものではないのです。欲得がからんだ趣味lたとえばパチンコのごときは趣味ではないのです。僅かな家計の中から、趣味のために、毎日少しずつ金を投じて行く、だからこそ、その趣味は、当人にとって貴重なものになるのです。一銭も使わないで、夫の趣味教育をしようなどとかりそめにも考えるのは、まことに悪い趣味です。ところが、この世の細君たちはしばしば、一銭もかけないで、つまり彼女の弁舌ひとつで、夫の趣味を指導しようなどというフテイな望みを抱くもののようです。「そんな下品な趣味はおやめになって、もう少しお金のかからない上品な趣味をお持ちになったら!」などと、こざかしげに奥様が忠告したって、ご主人がきく道理はないのです。趣味などが合うパートナー探しなら探しましょう。


参考:結婚相談所 20代

愛する夫のために

「まあ、あなたはこんなことが好きだったの?お母さん、ちっとも知らなかったわ。だったら、こんど、こういう本を買って来てあげましょうね」といった態度を母親が示すとしたら、おそらく、子供は子供なりによろこんで、その新しい好きなものに自分の興味をいっそう注ぐだろうと思うのです。問題は同じことです。愛児教育も亭主教育も変りはないのです。あなたはいままで一度でも、愛する夫のために、絵本を、おもちゃを、買って来たこと がおありですか。夫の趣味哨好をのばすために、書物や教材を夫に与えたことがありますか。たとえば、夫に草花の趣味をもたせたいとあなたが考えたとします。そこで朝顔の鉢植えを買ってきて、「まあ、何てキレイなんでしょう。ねえ、あなた」などと、いかにも草花の趣味をおもちになったらどう?といわんばかりにあなたはいいはしませんか。しかしこういうやり方ではダメなんです。夫は、しょせん、朝顔なんて平凡な花に好奇心を示さないでしょうから。そこで、そうしたぱあいには、ひとつ篭発して、高価な原色植物図鑑を買ってくるんです。夕飯がすんで、夫は新聞をよんでいる、あなたはその図鑑を引っぱりだしてきて、珍しい熱帯植物かなんかの写真を一生懸命に眺める、そして、「まあ、こんな花があるのよ、あなた熱帯植物のこと、ご存じ?」といったあんばいに話しかけてみるのです。いわば、それは魚に向ってツリ糸をたらしてみるようなものです。少しでも手ごたえがあったら、しめたものです。つまり夫の好奇心を引き出すように、あなた自身、まずいろいろ研究してみることが必要なのです。これを読んでいれば、出会った人はあなたから離れられないかもしれません。

出典元:出会い系 サクラいない

あなたの夫について

けれども、正直のところ、知りぬいていると、思い込んでいらっしゃるだけじゃないのですか?あなたはほんとうに夫の隅から隅までご存じなのでしょうか。そして知りぬいてしまっているんだから、もはや好奇心なんかわかす余地がないと、お考えになっていらっしゃるのじやないでしょうか。いったい、あなたの夫をあなたの都合のいいようにつくり直すということは、あなたの夫を教育するということなのです。そして近ごろの子供の教育についての新しい考え方は、子供のもっているいろんな好奇心を精いっぱいのばしてやるということです。子供の好奇心をのばしてやるには、当然、先生は子供の好奇心がどこへ向いているかを知っていなくちゃなりません。子供の好奇心をまるっきり無視して、ああだ、こうだと、叩き込むように教えたところで、さっぱりほんとうの教育にはならないのです。そこで、夫をつくるということ、いいかえれば、亭主教育のための第一の根本原理も、やはりこれと同じように、夫の好奇心を知ることであり、夫の好奇心を知るためには、あなた自身、三年間も見なれた夫というものに、あらためて好奇心と興味をもつことです。あなたが夫に好奇心をまるっきりもたず、夫の癖も正体も、ことごとく知りつくしている、だから、そういう知識にもとづいて、夫を教育すればいい、と考えていらっしゃるぱあいには、あなたの亭主教育は確実に功を奏しないだろうと思うのです。結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。


参考:

感情を同じくする男女

つまり思いやりがあり『感情を同じくする』男女です。ふたりは、第三者の眼には甘く見えます。しかし、当人同志は、これが当り前だと思い込んでいます。子供はどうかとおぎぎになりますか。ふたりくらいいるかもしれません。男の子と女の子。でも子供は授かりものだ、子供がもし恵まれなかったら?lあるアメリカの学者はこういっています、子供がなくて十五年間、大して夫婦喧嘩らしい喧嘩ひとつせずに暮してきた夫婦は、いちばん幸せな一等夫婦の部類に入るだろうと。子供があっても、母となりすぎない妻、父となりすぎない夫、つまり子供をある程度無視して相かわらず、夫婦であり得る男女です。二人とも健康です。財布は共有です。不幸にしてどっちが先立っても、残されたほうは百万円の保険金がはいります。喜びや楽しみごとはいっしょに、苦しみは相手の分までだまってしょいこむ、lこれなら一等夫婦になりませんか。そんなのが一等夫婦なら、一等夫婦なんて、月並で、平凡で、どこかそこらの、横町のこじんまりした借家にいるじゃないの、ホラ、なんとなく、じじ臭くて。ハァッとしない一組Iたしかに、そうなんです。考えてもごらんなさい、「幸福な家庭はいったいに似かよったものであるが、不幸な家庭は拳なそれぞれに不幸である」と『アンナ. カレーニナ』の第一行にトルストイは書いているじゃありませんか。出会いは、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

出典元:おすすめ 出会いサイト

協業の精神にみたされた夫婦

ふたりは、ふたりを心の底から理解し合っています。それでいて、お互いに尊敬し合っています。ふたりの趣味は相通じ、ふたりの思想’ものの考え方は符節を合わしたように同じです。たとえば二人が幾日間、閑静な温泉場の一室に逗留したとしても、退屈することをしりません。しばらく黙り合っていれば、どちらかがツーといい、カーとこたえましょう。どうもいささか抽象的に、いや、神秘的に書きすぎたようです。もっと具体的に書きましょうか。彼が忙しいときは、彼女も忙しいのです。夕飯がすむ、ふたりはいっしょにチャブ台の上を片づけます。ふたりはいっしょに新聞をよみ、いっしょにラジオをきき、いっしょに眠り、いっしょに起きだします。このネクタイも好いかげんしめたものだと、夫がある朝、出がけに考えるとき、「これ、どうお。昨日買ったんだけど」と妻は新しいのをさしだします。今日はクレンザーを買いましょう!と思っていながら、ついうっかり買わなかった夕方の変の前に、夫はチャンと買ってきました。昨夜、夫はクレンザーのなくなりかけていたのを知っていたのです。
それじゃ、まるで、どっちが男で、どっちが女だかわからないじゃないの、あたし、そんなのイヤだわ、あなたはこういいますか。そうだとすれば、あなたの思想は封建的です。一等夫婦というのは、最もよき仲間同志のことです。分業は分業として、協業の精神にみたされた夫婦のことです。なんでも話し合います、ただし相手のデリケートな気持を少しでも傷つけそうなことは別として。コミュニケーションは大切です。出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

参考:結婚相談所 比較